ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年02月の記事一覧
≪01month
This 2006.02 Month All
03month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SR20ポン付けタービン比較 
2006.02.05.Sun / 00:17 
トラストタービン画像
最近よくポン付けタービンのワード検索でいらっしゃる方が多いので、
シルビア(SR20DET用)のポン付けタービンの比較を簡単に書いてみる。
やっぱり気になるのは対応馬力なのかな?
一部管理人の独断と偏見が入っていますが
参考までにパワー順に並べてみます。

 

HKS : GT-SS 
(ボールベアリング、320ps)

HKS : GT2530(廃盤)
(ボールベアリング、330ps)

パワーエンタープライズ : PE1420
(ボールベアリング、斜流、330ps)

アペックス : AX53B60(P22,P25)
(ボールベアリング、斜流、320~340ps)

トラスト : T517Z(8cm、10cm)
(メタルフローティング、340ps)

HKS : GT2540(廃盤)
(ボールベアリング、350ps)

アペックス : AX53B70(P22,P25)
(ボールベアリング、斜流、360~380ps)

トラスト : T518Z(8cm、10cm)
(メタルフローティング、380~420ps)

東名 : ARMS 7652
(ボールベアリング、400ps)

HKS : GT-RS
(ボールベアリング、400ps)

東名 : ARMS 8446
(ボールベアリング、430ps)


実は東名のARMS7652とHKSのGTーRSは
同じギャレット製でコンプレッサー及びタービンの
サイズ径・A/R等まったく同じなのである!!!(秘密なのか?)
唯一違うのは排気バイパスポート出口の仕切りがあるかないかのみ。

実はもっと同じタービンあったりして?(謎)

400psを超えるようなパワーを出すと
ブーストの制御がアクチュエーターじゃイマイチし切れないのも事実
東名の8446は大きすぎですよね
もうゲートにしないとオーバーシュートしまくりのような・・・


MyCarに使ってるのはトラストのT518Z(EX8cm)
これは対応馬力が380psらしい。
いまどきはめずらしいメタルフローティング式、
水を回す事がいらないから水温には優しい?
GTタービンなんかも水を殺して使ってるとこもありますけど、
でもボールベアリング式と比べるとレスポンス落ちるよね、
今の主流はボールベアリング式です。


ポン付けタービンの元祖といえば
今はラインナップされていないけれど
HKSのGT2530・2540のボールベアリング式。
(今はGT-SS・GT-RSに置き換わりました)
当時はS15タービンがなかった為、
300psを越えるには社外タービンに変えるしかなっかた。


いまではポン付けタービンで対応400psを超えるものもあるので
フルタービンにしなくても結構いけちゃいます!
そりゃ、究極はフルタービンで500psとかあればいいな~
そんなチューンは金銭的に出来ないし、
乗ってみたいな~と思うけどまだまだ300ps台のパワーを乗りこなしたい。

スポンサーサイト
| BLOG TOP |


サーキット速報!?

最近の記事+コメント

プロフィール

じんいえ

Author:じんいえ
S14シルビアK's(後期H9シルバー)

東名エンジン(2021cc)
T518Zタービン
ニスモ6速ミッション仕様

山形県在住
S14 SILVIA and Circuit Life (HP)


仙台ハイランドやスポーツランドSUGOをメインにサーキットを走っています。
主に草レースの参戦レポートや、S14シルビアのチューニング・サーキット走行等、車に関する出来事を書きたいと思います。

管理人へメールはこちらへ

全記事表示

全タイトルを表示

カレンダー(月別)

01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

CopyRight 2006 S14シルビア&サーキットLife All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。